このページでは、「ビーワイルド 成分」について、サイト管理者の正敏が情報発信しています。
ビーワイルドに含まれる成分
亜鉛酵母は、豊富にミネラルを含み、自然界に存在するものと比較しても毒性が少なく、ビールやワインの醸造にも使われ安全だと言われています。
近年、様々な健康食品やサプリメントに使用されています。
また、クレアチンはスポーツドリンク飲料などにも採用され、筋肉の増量に効果があると言われています。
ですから、プロテインなどでも見かけることがあります。
どれも副作用の心配のない安全な成分ですので、安心して継続的に飲用することができます。
ビーワイルドの成分の基礎
ペニスを増大させる基礎となるホルモンのテストステロンの分泌は必要不可欠です。
その重要な働きを担うのがロンギフォリアという海外の熱帯薬用植物で、近年別名マレーシア人参とも呼ばれ注目を浴びている成分です。
このテストステロンの分泌を活性化させてくれる働きを持っています。
また、寒い北極の地シベリアで力強く生息するロディオラという珍しい植物も配合されています。
このロディオラは黄金の根とも呼ばれ重宝されていて、神経伝達物質や男性ホルモンの分泌を手伝う大切な成分です。
肥大効果の成分
近年、精力剤やペニス増大系のサプリメントで目にする機会が多いのがマカという植物です。
ペニスへの血液の流れを促進し、海綿体をしっかりと膨張させる作用を持つと言われている、南米のペルーで採取される球根です。
このマカという成分は、非常に知名度も高く、様々な健康食品で採用されています。
また、ムイラブアマと言われる遥か昔の古代から医療用としても使用されている希少な成分があります。
これは神経系の強壮薬で陰茎の血管を強制的に膨張させ大量に血液を隅々まで循環させる働きをしてくれます。
その他の成分
性欲や勃起力を上げる漢方系の成分スッポンやマムシ、ウナギなどは昔から精が付くと言われてきましたが、現代はそれだけでなく漢方も主流となっています。
高麗人参やマカ、トンカットアリなどが巷で話題となっています。
これだけ多くの素材があるのにも拘らず、100%誰にでも作用する成分が見つからないのも人間の体の不思議な点です。
ですから、多くの男性に支持されている商品でも、結果は服用してみないとわからない事が多く、健康補助食品はできるかぎりサンプルや保証期間があるものを選択する事が賢明と言われています。
どれだけ根気強く自分の体に合うものを探すことができるかが、ペニス増大のための最初の一歩になります。
ほんの数ミリでも亀頭に変化が合ったものは少なからず三カ月は我慢して継続してみることで良い結果を導く可能性を高めることができます。
また一か月程度では購入して思うような結果が出なくてもその成分が合わないという事とは判断するのは禁物です。
日々の生活習慣や環境も影響しますのでしっかりと整えていく事がパワーアップには必要不可欠なのです。