このページでは、「ビーワイルド 安全性」について、サイト管理者の正敏が情報発信しています。
ビーワイルドの成分
ビーワイルドは増大パンツとして人気の商品ですが、この手の商品を試すにあたってまず不安なのが、その安全性です。
今からビーワイルドを試そうと思っている方は、配合されている成分が気になるところだと思います。
いくら安心安全で副作用がないと言われても信用出来ないのが昨今の社会です。
そこでビーワイルドに配合されている成分を列挙したいと思います。
L-シトルリン
ボルフィリン
アルギニン
ビーワイルドに配合されている成分は、いずれも科学的に検証された、増大に有効なものばかりだということがお分かりいただけたと思います。
怪しげな民間療法で使われるようなわけのわからない材料は一切入っていません。
これを見れば、ビーワイルドを使っても安全だということが分かりますね。
L-シトルリン
ここで、先ほど列挙した成分の中のL-シトルリンという成分に注目してみましょう。
増大パンツであるビーワイルドに配合されているL-シトルリンは、 スイカやヘチマ、ゴーヤなど、ウリ科の植物に多く含まれている成分です。
2007年に厚生労働省から医療成分として、食品(サプリメントなど)への使用が解禁されたシトルリン。
シトルリンは世界各国で販売されており、高い安全性と機能性が評価されています。
使用目的の主なところは、スポーツサプリメント、美肌、心疾患用などですが、 共通するのは血流や血管など血に関わる部分なのですが、日本では特に大きくさせる働きが注目されています。
シトルリンは一酸化窒素を生み出し増加する作用があるといわれています。
この一酸化窒素には血管を拡張させる働きがあるので、血流量も増えるのです。
血が多く流れることで様々な良い効果が体にはあるのですが、勃起するのも血流量に大きく関わっていますので、 必然的にシトルリンが注目されたのです。
シトルリンの一日の摂取量に明確な基準はありませんが、一日800mg~1200mgといわれています。 精力アップや増大には、1500mg~3000mg以上が良いとも言われていますが、明確なデータがあるわけではありません。
シトルリンは高価な成分
副作用を気にする人もいますが、シトルリンは必須アミノ酸の一つで基本的に副作用のない安全な成分です。
ただし、大量摂取した場合などは、一時的に下痢などの症状が出る可能性があります。
でも、これはシトルリンに限らず、全ての成分にいえることですので、摂取量を常識の範囲内で留めておけば問題はないはずです。
最後に、シトルリンは高価な成分です。
シトルリンが配合されているサプリメントはたくさん販売されていますが、あまりにも安い商品だと、シトルリンがほとんど含有されていない可能性もありますので、含有量など確認してから購入しましょう。