男に、もっとしてっと言わせちゃうテクニック

 このページでは、「男に、もっとしてっと言わせちゃうテクニック」について、サイト管理者の正敏が情報発信しています。
ちゃんと男性を気持ちよくさせてあげていますか?
なにもしなくても、勝手に気持ちよくなってくれるものではありますが、せっかくだから、めいっぱい気持ちよくしてあげたいですよね。

だいたい触ってあげるときって、あおむけの体勢にしていると思うのですが、うつぶせにします。

最初は、腰や肩などを普通にマッサージしてあげてください。

そのときも色っぽく、太ももや胸を微妙に相手に当てるんです。

そして次に、ソフトタッチな感じで、背中、腰、脇腹などをサワサワしちゃいます。

太ももの裏側なども、結構効きます。

最初にマッサージでほぐしてあげているので、血行もよく、敏感になっているので、それはそれは喜んでくれます。

これは本当に気持ちよさそうです。

肩こりがひどいときなどは、違った意味で、もっとしてっとなってしまそうです。

相手をチョコレートやアイスに見立てて、ペロペロ、はむはむ、パクパクと食べてしまいます。

ビクンっとすると、あなたはチョコレートだから、動いちゃダメ。

溶かされて、食べられちゃう運命なのと耳元で囁きます。

あー、本当に溶けちゃう!とすごく気持ちよさそうにしていますよ。

コツは、ベロとくちびると歯を使って、敏感な場所を重点的に食べますね。

敏感な場所は、相手によって違いますが、首や胸の周辺は、だいたいみんな弱いです。

チョコレートにして食べてしまう……

好きな人は、すごく好きかもしれませんね。

エッチのときに、多少演技気味に声を出している人は多いと思うのですが、エッチが終わったあとにも気をつかいましょう。

終わったあとにも、も、もうダメ……という感じで、打ち上げられた魚のように、ビクンビクンするのです。

演技というか、残心が大事ですよ。

残心とは、勝負あったように思えても、構えをとかないで相手の反撃に備えることです。

逆に元気になって、また反撃してきますね。

あなたには、忘れられないエッチってありますか?
気持ち良かったエッチ、いつもと違うシチュエーションだったエッチ……様々かと思います。

エッチではイケないという女子も多いのが現実。

でも、この男子は夢の同時イキを果たしたそうです。

自分のテクニックとか、そんな自信が無かったんですけど、とにかく彼女に気持ち良くなって欲しくて……

自分なりに頑張って、イクってなったときに、彼女もガタガタっと震えたんです。

聞いてみたら、イッちゃった、と。

恥ずかしそうにそう言った顔がもう可愛くて仕方なかったです。

あのエッチは多分一生忘れられないです。

男が忘れられないエッチには、気持ち良さが不可欠なのですが、それには2種類あります。

肉体的に気持ちが良いか、精神的に気持ちがいいかです。

ありきたりなエッチでは、印象に残らないでしょう。

男の脳裏にエッチを深く焼き付けるために、最高に気持ち良いエッチをしてくださいね!

自信がない男性が言いがちな言葉があります
男って案外、自分のエッチに自信がなかったりするもの。

彼女が気持ち良くなっているのか不安すぎて、つい言ってしまうワードがあります。

言葉で相手を興奮させるようと、すごい濡れてるね、こういうの嫌じゃないんでしょ?とか言うと、女性もまんざらではなさそうな気がします。

言葉攻めしてくるのは良いけれど、前戯も本番もめっちゃ下手な人がいて、エッチだけで勝負できないから、あえて言葉攻めを駆使してる感じがしました、という女性も・・・。

エッチへのコンプレックスを言葉でカバーしているなんて、ある意味感心させられます。

でも、ただ言葉攻めばかりだと、女性も気持ち良くなれません。

彼から言葉攻めにあったときは、もっとここを触ってほしいなどと、やんわり彼を誘導しましょう。

ここだけの話、俺はアソコが小さいのが悩み…。

もう全部入っているのに、彼女から早く挿れて…と言われたときはマジでショック…。

なので、あえて自分から、入ってるのわかる?とか、もう全部挿れたよと自己申告するようにしています。

トラウマはエッチへの自信のなさにつながってしまいそうですね。

彼から、入ってるのわかる?と聞かれたら、うん…。すっごく気持ち良いよ、などと反応するのが良さそう。

彼も安心してエッチに没頭できるはずですよ。

彼女が気持ち良くなっているのか心配で、終わったあとはつい、どこが良かった?、イケた?と聞いてしまいます・・・。

もしかして、自分だけが気持ち良かったんじゃないかと不安を抱く男性も。

正直に答えると、さらに彼は自信をなくしてしまうかもしれませんので、たとえイケていなかったとしても、適当に相づちを打っておくのがベストかも。

たぶん前戯するよりおもちゃ使ったほうが気持ちいいと思うんだよね、だから、エッチのときにはおもちゃを駆使しています。

やたらおもちゃばかりを使おうとしてくる男性もエッチに苦手意識がある可能性が。

エッチ慣れしているように見えて、実は、自分のテクだけで彼女をイカせるのは無理と最初からあきらめているのかも。

でも、毎回おもちゃを使われていると、女性としても何だか寂しくなってしまいますよね。

たまには、今日はおもちゃなしがいいなと伝えてあげることで、彼も自信を取り戻すのではないでしょうか。

男性も、エッチで彼女が気持ち良くなっているのか心配でたまらないみたいですね。

積極的に彼に気持ちよさを伝えることで、彼もこれらのワードを言わなくなるくらい自信を持ってくれるかもしれません。

男がエッチしたがらない理由があります
結婚後にエッチの回数が減ってしまうのは、仕方がないことです。

ところが、明らかに夫が妻の体にタッチしたがらないのであれば、大きな問題です。

結婚して子供ができて妻が母親になったら、夫は、なかなか妻を女として見られなくなり、性的対象に思えなくなることがあります。

夫が仕事から帰って来たら、妻が話すことといえば子どもや子育てに関する話ばかりだし、子育てに疲れ切った妻はスッピンのジャージ姿。

もう、これはある程度仕方がないことかもしれませんが、少し注意を払うだけで改善できることでもあります。

もちろん、赤ちゃんの様子を報告したり、教育方針を相談したり、子育てについて話すことも大切です。

一方で、家にこもりきりではなく社会で働いてる夫は、妻と他の話題も楽しみたいと思っています。

赤ちゃんに授乳したりあやしたりしている時に、テレビのニュースをつけて、世界で何が起こっているのかフォローし、夫との会話に時事ネタを盛り込むことは、それほど難しいことではないですよね。

また、夫婦の寝室には、極力子どもの衣類やオモチャなど、子育てを連想させる物を置かないようにすることも大切です。

できるだけ、夫婦で子どもフリーの時間を作ることで、夫も妻のことを母親としてだけでなく、女として見られるようになるのではないでしょうか。

結婚生活って、実は地味な毎日の積み重ねで、同じことの繰り返しが多いもの。

そんな生活が続くと、何事に関してもお決まりのパターンになりがちで、セックスも例外ではありません。

セックスって相手に魅力を感じて、この人が欲しいと性欲に駆られて行う衝動的な行為なので、スケジュールが決まり切った生活を一緒に送っている相手とは、その気になりにくいのです。

そんな状況を打破するには、やはり、お決まりのパターンやルーチンを崩すこと!

スッピンでひっつめ髪、パジャマのような格好でウロウロしているのなら、デートに行くような格好で夫の帰りを迎えてみましょう。

そうすれば、必ず夫は何らかの反応を示して、今夜は!という気分になるハズです。

長い間一緒に暮らしていると、妻は、自分のハイヒールやミニスカート姿に、夫がムラムラするはずがないなんて思いがち。

ところが、男はバリエーションを好む傾向が強いので、妻がいつもと違うとドキっとするものなのです。

たまには両親に子どもを預かってもらって、夫婦でディナーデートを楽しむなり、いつもの日常とは違う衝動的になれる環境をクリエイトすれば、夫もセックスに積極的になれるのではないでしょうか。

一度セックスレスになってしまうと、そこから関係を回復させることは困難です。

そんな状態に陥る前に、少し心配りをするだけで夫婦がラブラブに過ごせるのなら、ちょっとした労力に費やす価値はあるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です