このページでは、「みるみるエッチ上手になる方法」について、サイト管理者の正敏が情報発信しています。
テクニック的な上達
エッチで一番重要なのが、愛情。
次に雰囲気作り。
ですが、テクニック的な部分の上達を考えるならば、必要なのは
(1)力加減
(2)スピード
(3)リズム
これらを上手にさせるために、簡単な方法があります。
それは、マッサージをさせてみることです。
エッチなヤツじゃないです!
腰が痛い、肩がこったなどと訴え、マッサージをさせてみてください。
もっとゆっくり、もっと力強く、痛いから、もっとやさしくと指導してみましょう。
一番いい方法は、上手なマッサージをしてあげることです。
自分がしてもらえば、どういう触り方が気持ちいいのか、身をもってわかってくれるはず。
そして、さらにいいのは、プロのマッサージを受けてもらうことですね。
エッチなヤツじゃないですよ!
気持ちいい力の使い方を、きっとわかってくれるはず」
相手の心を開かせよう
まず、心を開いてもらいましょう。
愛しあっている仲なのだから、エッチの最中は、お互いにさらけ出していいのです。
お互いがすべてをさらけ出せれば、そんなに気持ちのいいエッチはありません。
相手の心を開かせ、すべてをさらけ出させるのは簡単です。
まずは、自分からさらけ出して、自分がめいっぱい気持ちよくなればいいのです。
相手がいる行為だからこそ、自分が率先して、相手を引っ張っていってあげる。
これができれば、たっぷりと愛情を感じられる仲になれますし、お互い、めいっぱい気持ちよくなれるようになります。
恋愛の本質は、この人に抱かれたいか、抱かれたくないか
恋愛の本質は、この人に抱かれたいか、抱かれたくないかです。
そもそも、ある特定の人のことが好きになったら、どうなるのか?
いろいろなことがあって、最後はハダカになってエッチするのがふつうでしょう。
高校生のことはよくわかりませんが、20歳もすぎれば、恋愛の行き着く先はエッチです。
だから恋愛の本質は、この人に抱かれたいか、抱かれたくないかという、生理的なところなわけです。
好きかどうかわからないというときは、抱かれてもいいかどうかを考えればいいわけです。
つきあっていいのかどうかわからないときは、抱かれてもいいかどうかを考えるといいのです。
悪い結果にはならないもの
とくに若いうちは、「この人とエッチしたいかどうか」を基準につきあっても、全然OKです。
この人とエッチしたいという気持ちを情熱といいます。
情熱だけでつきあって(エッチしちゃって)、後悔するようなことになることもあるでしょうし、そうではないこともあるでしょう。
でも、健全に理性と情熱がそなわっている男女が、自分のほとばしる情熱をもとに始めた恋というのは、そう悪い結果にはならないものです。
あくまでも確率的には、という話ですが、思うほど悪い結果にはなりません。
女性向けのアダルトメディア
いま、女性向けのアダルトメディアが盛んですよね。
エッチなことに興味はあるけど、自分がどういうプレイに興味があるのかわからず楽しめていない…。
そんな女性は、AVを見ながら自分がどういうプレイに興奮するのか、自分の好みを勉強してみては。
いつも同じようにエッチをしていては、マンネリ感が出てしまいます。
彼にこういうプレイをしてみたいとお願いしてみたり、彼がこのプレイでどう感じるのか探ってみたり。
AVを見ながら、男女の体のことを勉強しておくと、行為中にだらけることなく、お互いに楽しめるのでは。
ひとりエッチは、セックスの訓練
ひとりエッチは、セックスの訓練なんて言われることも多いもの。
ただ快感を得るためにするのではなく、自分がどういうやり方で感じるのか、どこを触られると気持ちいいのか、自分なりに興奮できるポイントを押さえておくと、彼とのエッチはもっと盛り上がるのでは。
体の相性がいいカップルだって、お互いがどう感じるのか聞き出しながら、上手な方法を話し合っているものですよ。
また、行為中に痛さを感じて楽しめない女性も、ひとりエッチで慣らしておくことで、もっと感じられる体になれるかもしれません。
裸で一日過ごしてみる
男性ならまだしも、普段、裸で過ごす女性は少数派だと思います。
だからこそ、たまの休日くらいは裸族生活にチャレンジしてみると、いけないことをしている気分が羞恥心を高めて、エッチにも乗り気になれるのでは。
反対に、裸族ですごすことで羞恥心が薄れていき、彼の前でも恥ずかしさが薄れてエッチをより素直に盛り上げられるようになるかもしれませんね。
自分の裸を体で見つめてみる
自分の裸を見ることって、スタイルをキープするうえでも大事ですよね。
後ろから見た自分の体、腕を上げた自分の姿、どの角度から見たらキレイに見えるのか、ちょっと自分なりに研究してみて。
ベッドのうえで彼から見える自分を想像できると、つい彼も興奮しちゃうような反応ができるかも!?