このページでは、「男の悩み」について、サイト管理者の正敏が情報発信しています。
包茎とは
ときに、包茎とはいつも亀頭に皮が被っている状態で、亀頭が見えていない様子をいいます。

日本では男性の8割が包茎といわれているので、コンプレックスを感じなくても大丈夫です。

子どもの頃の包茎は当たり前のことで、大人になってから包茎であっても勃起時に剥けるのであれば特に問題はありません。

勃起しても剥くことができない真性包茎や剥けたとしても、陰茎が締め付けられてしまう嵌頓包茎である場合は、必要があると判断されれば保険適応で手術をうけることができます。

というよりむしろ、生まれてきた男の赤ちゃんは、ペニスの粘膜を保護する、外から侵入してくる細菌で感染しないようにするためです。

体が大きくなると陰茎も大きくなり、14~18歳くらいの年齢になるにつれて自然にペニスの先が露出してくるのが一般的です。

日本人男性の場合は70%が包茎であるという情況があります。

たとえていえば、体が大人に成長したとき、包茎ではない(亀頭部が露出している)人と、勃起する時には剥けるけど仮性包茎だという人では、成長過程において違う部分があるのでしょうか。

このことについては明瞭な情報はなく、医学的にも意欲的な研究は行われていないようです。

遺伝因子によるものではないか、自慰行為のときに皮を伸ばすようなやり方を行っているというのが原因といわれています。

二つめに、包茎が強いコンプレックスだという7割~8割くらいの男性が包茎なので包茎の男性はたくさんいるのです。

包茎は仮性包茎と嵌頓包茎、真性包茎がありますが、仮性包茎が最もたくさんいます。

男性の多くが包茎をコンプレックスだと思う人がたくさんいるので、包茎専門のクリニックなども増えています。

ともあれ、仮性包茎はヨーロッパでは正常な状態だといわれていて、問題がある包茎とされるのは嵌頓包茎と真性包茎です。

イスラム教の国では、割礼が決められています。

近頃では病院で割礼をする人も多くなりましたが、地方では父親がアメリカでは男の子が誕生したならすぐに親の判断で手術をすることが多くあります。

韓国では美容整形の一つの分野として多くの少年から青年期の男性が手術を受けているのだそうです、と賛否が分かれる。

さて、実はメリットがあるんですよ。

真性包茎や嵌頓包茎であるときは手術が必要になることがあるのですが、包茎のメリットだということができることとは、感度が良い、亀頭が守られるなどです。

仮性包茎であるかどうかに関しては女性にとってどうでも良い話です。

ところが実は、仮性包茎は正常であり治療を考える必要はないのですが、包茎ではない人と比べるとデメリットがたくさんです。

包茎のデメリットについては、病気になるリスクが高い、ニオイが発生しやすい状況、皮を剥かないと尿が飛び散ってしまう、男として自信が持てないことなどがあります。

しかしながら、衛生面に関してはお風呂に入ったときに男としての自信の問題についても機能的に少しも問題がなければ何も心配することはありません。

けど、包茎の対処法は手術のみ!と思い浮かべる人もいると思いますが、その前に自分自身でできることがあります。

思春期になると色々な性に関する知識をアレコレ収集するようになります。

包茎は人に相談できるような問題ではないので悩みを抱えてしまう人も少なくないのですが、まず、自分自身でやれることから対策しましょう。

たとえば、お風呂のときにはきちんと剥くようにする、尿をするたびにしっかり剥くようにしていると徐々に良い方向に向かうこともあるでしょう。

ぎゃくに、包茎とは、仮性包茎、真性包茎、嵌頓包茎の3種類のことを言います。

真性包茎の人は性生活に問題があったり、泌尿器疾患の要因になることもあるので手術が必要になる可能性が高くなり、嵌頓包茎では緊急手術をしなければいけないときもあります。

いつもは亀頭が皮で覆われているけど勃起時には亀頭が露出する仮性包茎では手術を行う必要はないのですが、見た目やコンプレックスを気にして手術を受ける人がたくさんいるとのことです。

特に、包茎を治すためにはどうしたらいいかというと、通常は手術という手段になるでしょう。

現代は、包茎を治すための包茎専門クリニックの存在が目立ってきました。

真性包茎の人は、炎症を起こしやすくなっていますし性生活にも支障が出たりするので手術をしなければいけないということが多いです。

しかし、仮性包茎の場合は手術の必要はありません。

ですが、包茎は格好悪いという人が多いので、仮性包茎も手術で治したいと考えている人が増えています。

ペニスはサイズアップできる
かくして、ペニスの平均的な大きさは、日本の男性の場合、あるコンドームを開発している企業の調査では、そして、中間部の直径の太さは3.8cm、付け根部分の直径は3.9cmなのだそうです。

殆どのサイトでは、少し小さくて、13~13.5cmくらいとなっていますね。

ついでに、日本人女性がよしとするペニスのサイズは、データより少し大きくて16.5センチだそうですが、大きさだけが重要ではないですね。

それどころか、ペニスはサイズアップできる。

調べてみたら、可能でした。

サイズアップの方法には、サプリメントの効果は本当に期待できるかどうか分からない、手術は怖いしコストがかかる、トレーニングは自分でできるしコストはかからないけど面倒。

そんな人は、食事をすることでペニスの増大効果を期待してみてはどうでしょうか。

牡蠣、大豆、瓜類、アーモンド、山芋の栄養素にサイズアップ効果が期待できるそうです。

みなさん、病院ではどんな科にかかればペニスのサイズを大きくすることができるのでしょうか。

泌尿器科や美容形成外科、さらにはメンズクリニックなど、ペニス増大手術の相談は、多くの病院ですることができます。

サイズアップしたいと考えている人は多くいるので、予約でいっぱいと言うところもあるほどです。

どの病院でも安心して受けられるペニスのサイズアップを行っているというわけではないようです。

手術を検討する場合は、病院選びは慎重に行いましょう。

大きいペニスにする方法としてトレーニングするという手段があるのですが、日々のトレーニングでペニスを大きくすることはできるのでしょうか。

調べてみましたら、トレーニングは効果がある!という人は多く、数センチくらいなら可能のようです。

しかし、トレーニングだけを一生懸命行えばOKというものではなく、効果があった!という人たちは、血液やリンパの流れがよくなるような運動もしているようです。

ペニスが小さいという悩みを改善する陰茎増大手術とは、ヒアルロン酸や自分自身の脂肪などを使って、陰茎部(サオ)を太く長くすることが可能な手術です。

この手術の成果で、セックス時の刺激量もUPします。

手術は難しくなく、日帰りでできるもので、いつもどおり仕事にも行けますし、シャワーは手術から3日目に可能になります。

そのかわり、ペニスの悩みを解消するために効果があるペニス増大サプリとは、その名の通りペニスを増大させるための効果を期待できるサプリメントです。

ペニス増大系サプリメントといっても、質が悪く、効果がないようなものも販売されているようです。

しかし、質の良いものを選んでしっかり飲めば、良い効果がある!と、いうサプリもたくさんあります。

シトルリンの濃さが濃いサプリのほうが、効果が高いみたいです。

ですけれども、ペニスの大きさが小さくて悩んでいるなら、ペニス増大器具でサイズアップを目指せます。

ペニス増大器具としては、ポンプで吸引するタイプ、ペニスをひっぱって伸ばすタイプがあります。

ですが、増大器具を使って大きくするのは簡単ではなく、最低でも半年くらいは続けなければ効果の判断ができません。

根性が必要です。

また、装着時などに家族にばれることもあります。

このため、ペニス増大エクササイズは、ペニスをサイズアップする効果があるエクササイズのことです。

ペニス増大エクササイズの方法はたくさんありますが、いつでもどこでもできるやり方が、PC筋トレーニングという方法です。

PC筋とは、肛門を締めるときに刺激が与えられる筋肉のことで、排尿中のおしっこを止めるとき等に使っている筋肉です。

PC筋を鍛えれば、ペニスの血流量が増えて、勃起力がUPするので、ペニス増大効果も期待できるでしょう。

PC筋之エクササイズは肛門を閉めるということだけで良いので、いつでも行うことができます。

今、陰茎も成長期に大きくなります。

陰茎が成長する時期は、下着はゆったりしたものにする、包茎の場合は皮が成長を妨げるので治療する、このようなことに注意すると良いみたいですよ。

体の成長が止まっても、陰茎の成長はできるようなので、強く悩んでいるなら、と、思います。

調べたところ、ヒアルロン酸による亀頭増大術を実施すると、亀頭が大きくなるのはもちろん、早漏の改善効果も得られます。

ですが、ヒアルロン酸は体内に少しずつ取り込まれてしまうため、増大効果はあまり長くありません。

効果の持続は半年から1年くらいですが、ヒアルロン酸は副作用の心配がなく安全な成分なので、手術には安心して臨めます。

勃起障害とは
男の勃起に関しては、心理的刺激によって起きるものと物理的な刺激が原因になる場合の2つのタイプがあります。

性的な刺激がされることによって大脳が興奮し、その興奮は脊髄から勃起中枢に伝えられて、続いて、ペニスの先に伝えられます。

すると、サイクリックGMPというものが増えて、海綿体の筋肉の緊張が解けるため、血管も広くなって血液が大量に流れ込むため勃起が起こります。

これが勃起が生じるメカニズムの概要です。

ED(Erectile Dysfunction/勃起障害)とは、勃起機能が悪くなることです。

性交の時に十分勃起できなかったり、勃起が持続できず、満足できる性交ができない状態、性交のチャンスがあっても75%以上で正常な勃起ができず性交ができない状態をEDと定義しています。

満足なセックスを行うことができない状態とは、意思に反して勃起に時間がかかったり、勃起しても射精の前に萎えるなどです。

男であれば誰にでも突然起こることがあり、恥ずかしいことではないです。

性交に悩みを感じたらEDを疑ってみることが必要です。

だとしたら、インポテンツとED(勃起不全)はどのように違うのでしょうか。

EDとは勃起が持続できないというような病態のことをいいます。

それに対してインポテンツは勃起が絶対にできない症状のことです。

つまり、インポテンツは性的に不能なことをいうのですが、男には本来あるべきはずの機能が無くすことを意味し、差別用語に当たると推測されるので、インポテンツではなく、EDというようになったようです。

すなわち、男性がEDになる原因は、生活習慣の乱れ、ストレス、年齢、タバコ、アルコール、男性ホルモンの分泌量の低下、うつ病治療薬による性欲減少、心因的原因や生活習慣病、男性の膣不感症などがあります。

最近は、生活習慣病の患者さんが多くなりつつありますが、生活習慣病(高血圧や糖尿病)は、血管や神経の作用が失われたり、血管に負担がかかるなどするため、ペニスの血流が悪くなりEDが生じます。

とくに、生活習慣が崩れていると、ストレスがたまりやすく、睡眠習慣も乱れてしまって、食事も偏りがちになります。

そして、どんどん悪循環にハマってしまうのです。

このような生活習慣の崩れが、EDになる可能性を高めることになります。

最近は、生活習慣病がEDの原因になっている人が増えています。

健康を維持するためでなくEDを予防するためにもライフスタイルを見直してみましょう。

ゆえに、もしEDになったとしたらどうすればいいのでしょうか。

当然、まずは生活習慣を見直すことが大切です。

生活習慣が乱れればEDだけでなく、生活習慣病にかかる危険性が高くなります。

EDで悩んでいるのであれば、専門のクリニックへ行くという手段もあります。

医師に相談する時期は、不安を抱いたときが良いでしょう。

普通は泌尿器科を受診しますが、EDを引き起こしている原因が分かれば、その原因を改善するための治療も行います。

一般的に、EDを治療するための薬は専門の医師に、処方してもらいましょう。

病院で処方されるEDの治療薬としては、バイアグラやシアリス、レビトラがあって、どの治療薬も効果が高く重い副作用もないといわれています。

しかし、心臓病や肝臓病などの人は、これらのED治療薬が服用できない人もいるので、受診したら現在の通院等についてきちんと医師に伝えましょう。

医薬品ではなく、近頃はEDの改善するための効果を謳うサプリメントなどもたくさん売られています。

いずれにしても、EDになると殆どの男性が1人で悩んでいて、パートナーの女性も男性のプライドを守ろうと、気づかない振りをしていることが殆どです。

しかし、この状況では良い方向に向かうことができません。

EDは適切に治療することにより多くの人が改善します。

女性も男性と共に専門医にかかることを検討してみるのはいかがでしょうか。

EDの治療で受診をするときは、女性も一緒に治療を受けるというのが理想的です。

いいかえると、病院でEDの治療を受けるとき、診察はどんな流れなのでしょうか。

泌尿器科を受診するのが普通ですが、病院では受付を済ませて、問診表を記入し医師の診察になりますが、殆どが問診のみで済みます。

必要なときは血圧や脈拍、血液検査、心電図、尿検査などを行いEDの治療薬が服用できるかどうかを調べてEDの薬を処方してもらいます。

EDは健康保険を使っての治療はできないので、診療費は自己負担で払います。

そうでなく、パートナーにEDであることを告白するべきでしょうか。

男性が思うよりも女性は優しいですし、EDであることを責める女性はいないはずです。

栄養バランスに優れた食事を作ってくれるようになったり、今までよりももっと多くの悩みを聞いてくれるようになると思います。

ただ、EDの治療薬に対しては不安を抱いている女性が多いです。

なるべく、二人で受診するのが一番良い方法だと思うのですが、ダメなときは、EDの治療薬について安全であることをきちんと説明したり、ED改善の意思があるということを伝えれば女性は安心するでしょう。