男を誘うキラーワード【使えるちょいエロワード】

 このページでは、「男を誘うキラーワード」について、サイト管理者の正敏が情報発信しています。
男心をくすぐるちょいエロワード
気になる男子を上手くベッドに誘えちゃう女性へと大変身しちゃおう。
もし、上手くベッドに誘える女性になれれば、滲み出るエロスで男からモテてモテて仕方がなくなりますよ。
男子を上手くベッドに誘うちょいエロワードで、一歩進んだ、魅力的な大人の女性を目指しましょう。
もっと知りたい
笑顔いっぱい元気いっぱいに言っても、女性の魅力は滲み出ませんので、そこは注意して下さいね。
落ち着いた雰囲気で、何かを含ませた言い方ができなければ、官能的な言葉にはなりません。
どんなシチュエーションでも、最後のほうに言うのがベストなタイミング。
男子の瞳を見つめ、「もっと知りたいな」と言えば、男子も理解しそのままホテルへ……という流れに持って行けますよ。
○○な気分と言えば・・・
「帰りたくない気分」とか「飲みたい気分」とかでしょう。
ありきたりですが、そんなワードでも構いません。
もう少し踏み込んで、ちょいエロを感じさせるワードにしたいなら、「温もりを感じたい気分」というのはいかがでしょう。
かなり責めているワードですが、鈍感な男子でもピンと来るちょいエロワードですよ。
上手くベッドに誘いたいならば、照れながら言うのは好ましくありません。
男子を落とすつもりでビシッと言ってみましょう。
言うタイミングがきたら、気分を省いて、「温もりを感じたいの」と、心の叫びのように言ってみましょう。
そのままベッドインは確実ですよ。
上手く誘うには、どんな誘い方でも上品に振る舞わなければいけません。
直接的な下ネタは下品ですので、誘い文句としては低レベルです。
自分がどのように男性から誘われたいかを考え、あくまで上品に振る舞ってちょいエロワードを駆使して下さいね。
大人の上質なエロス
実はそのテクニック、すでに男性の中でも「あざとさ」や「下品さ」として認識されているのかもしれません。
そして、そんなテクニックを使う女性は結果として「遊び」の対象になってしまうことも。
遊び相手ではなく本命の女性に選ばれるための「大人の上質なエロス」です。
メイクを思い切って引き算すること
アイラインをやめる」「ファンデーションを塗らない」「立体感を出さない」といった大胆な引き算は、意外にも生っぽさを醸して上品なエロスを印象付けます。
顔の印象を左右する大事なパーツといえばやはり目ですが、セクシーになる上で大切なのは実は口元。
ふっくらとした唇は女性らしさの象徴かつ男性の想像をかきたてる武器!
まずは石原さとみさんのようにふっくらとしたリップを目指して丁寧にメイクしてみましょう。
きっと彼の視線を唇に感じるはずです。
セクシーな洋服=露出が多い洋服というのは間違い
男性からの視線を感じるのはセクシーに感じているからではなく、「簡単に落とせそう」という見定めの視線なのです。
上品なエロスを身につけるために大切なのは「見せる」ことより「隠す」こと。
相手の想像力をかきたてることこそが、大人の色気。
ぜひあえて露出は少なくボディラインに沿ったタイトな洋服をチョイスしてみましょう。
ランジェリーの存在
派手なネオンカラーやシルク風のサテン素材のランジェリーは、10代や20代前半の男性にはよくても大人の男性には安っぽく見えてしまうのです。
おすすめなのが、上質なレースやチュールを使ったランジェリー。
下ネタは女性にとって諸刃の剣
上手に対応できればできるほど女としての株が上がり、また対応に失敗してしまうと「下品」「つまらない」「面白みがない」といった最悪の印象を与えてしまいます。
どんなに関係が良くても下ネタは「言わない・乗らない」。
男性の下ネタは「受け入れ」て、笑顔で聞いてあげる程度の余裕は持っていましょう。
ボディタッチはあざとさMAX
特に20代後半から30代の大人の男性には、「下心が見え見え」「バカっぽい」とかなり不評のようです。
ボディタッチはあえてしないのが大人の賢さ。
彼に触れるのは「キスやSEXの時だけ」と割り切っておく方が、男性にとっても好感度が高くまた大人の知的なセクシーさを感じさせるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です