このページでは、「女性が不感症になる原因」について、サイト管理者の正敏が情報発信しています。
状況性オーガムズ障害
女性が不感症になる原因は、心的外傷後ストレス障害彼に裏切られた経験、性的表現が清潔ではないというトラウマがある、痛くてたまらない、状況性オーガムズ障害などがあげられるでしょう。

想像以上に大勢いるといわれていて、多くの女子が不感症のようだというデータがあります。

親や友人には打ち明けにくいのでオープンになることはないですが、悩みが解決できないという人が身近な人の中にもいるということは確かです。

ようするに、夫婦の悩みでもある妻の性嫌悪症とは、セクシュアルな表現や性行為に対して生理的に無理だと感じることをいいます。

拒絶感のレベルはそれぞれですが親や親戚に子どもの頃からセックスは卑劣なことだといわれて大きくなった女性はなかなか治らないといわれています。

それなら、結婚生活の悩みにもなる性興奮障害とは、性行為の前などに性的に興奮が感じられないという症状で悩むというものです。

全く性的興奮がないと、性行為をする前の女性側の受け入れ準備は整わず、痛くて辛いセックスになり、性交渉が嫌いという性嫌悪症を発症してしまう可能性もあります。

今、糖尿病などの病気が原因にもなるオーガズム障害とは、どんなセックスをしてもイケたことがないという症状があります。

男性よりも女性に多い性的障害で、イッた経験がない人を不感症ではないか?と想像します。

また、この症状で辛い思いをしているのは、年齢を問わず女性に大勢いると言われています。

セックスレスの問題
効果的な、セックスレスの問題は、婚姻生活の破綻となってしまいます。

夫婦の関係を修復することが難しいほどのセックスレスには、パートナーに対する不愉快な感情が関わっていると考えられます。

パートナーへの感情が問題のときは、交替すれば解決できるのではないでしょうか。

皆様、不感症の原因には、焦りや義務感があると思います。

性行為の最中に、可愛いと思われたい、イケたふりが女性の義務!つくさなければ愛されない、どうしても拒むことができないなどの相手への気持ちが強いと、不感症になることもあるでしょう。

そうしている間に、不感症が悩みだという女性は、多くは経験が少なかったり、強い緊張があったりということが少なくありません。

とはいうものの、男性の手腕に原因があることもあるでしょう。

だけど、万が一一度でも絶頂に達すれば不感症は治るかもしれません。

しかし、不感症の自分から抜け出したいなら、愛する人と一緒に治療することが大切です。

まずは女性が乱れても大丈夫と思うような経験をするのはどうでしょうか。

そのような性行為をするためには、性交渉をする相手とのコミュニケーションが必要なのではないでしょうか。

そうしている間に、不感症から脱する一つの手段として、ツボを押すことも効果がありますよ。

効果を得たいなら冷え性を改善することができるツボをマッサージしたり刺激すると良い効果が期待できるそうです。

快感が得られるセックスをするなら自分のからだと心の両方が熱っぽくないと成功しないんですね。

日本人男性の80%は包茎
本当のところ、包茎とはいつもおちんちんの先に皮が被っていて、亀頭が見えていない様子をいいます。

日本人男性の80%は包茎だというデータもあり、コンプレックスを感じる必要はないでしょう。

赤ちゃんの頃の包茎は当たり前で、成人した後も、皮で包まれていたとしても勃起時に剥けるのであれば心配ありません。

勃起したときまったく剥くことができない真性包茎や剥ける場合でも陰茎が締め付けられてしまう嵌頓包茎のときは、必要があると判断されれば保険で手術をうけることができるでしょう。

聞いたところ、誕生したばかりの男子は、陰茎の粘膜を保護するため、細菌から守る目的などから、おちんちんの先は包皮で覆われているのが当然です。

体が大きく成長すると共に陰茎も大きくなり、中学生から高校生くらいの成長期になると自然にペニスの先が露出してきます。

日本人男性では7割が包茎であるという事実がありますが、包茎は恥ずかしいと思う人が多いようです。

ますます、子どもの身体から大人の身体に成長を遂げたとき、亀頭部が露出している人と、勃起時には剥けるけど普段は亀頭を包皮が覆っているという人(仮性包茎)では、成長過程の段階で極端に違う部分があるのでしょうか。

このことについては、確実な情報はなく、医学的にもあまり熱心に研究はされていないようです。

自慰行為をおこなうときに皮を伸ばしているというのがということに気づきました。

それから、包茎で悩んでいるという日本人男性はとてもたくさんいます。

8割くらいの男性が包茎ということですから圧倒的に包茎だという男性が多いのです。

包茎の種類は仮性包茎や嵌頓包茎、真性包茎がありますが、多くを占めている包茎は仮性包茎です。

男性の多くが包茎を恥ずかしいことと思いがちで、包茎専門のクリニックでの手術を考える人が多いです。

かつまた、ヨーロッパでは仮性包茎は問題ない状態だといわれ、包茎というのは嵌頓包茎と真性包茎のことをいいます。

イスラム教の国々では、割礼という通過儀礼があります。

現代は病院で割礼を行う人も多くはなっていますが、地方などでは父親などの親族が麻酔や消毒を使わないで割礼という人生儀礼を行うところもあります。

アメリカでは男の赤ちゃんが誕生したら韓国では美容整形の一種の方法として多くの男性が少年から青年期までに手術を受けているようです。

どうか、包茎はマイナスなイメージですが、メリットもありますよ。

包茎といっても真性包茎や嵌頓包茎では仮性包茎の場合は正常ですから大丈夫です。

包茎のメリットとして挙げることができるのは、感度が良い、亀頭が守られるなどです。

性生活に支障がなく清潔であったなら、通常時剥けている、いないは女性にとってどうでも良い話です。

ぎゃくに、仮性包茎は自然な状態なので治療は考えなくてよいのですが、包茎ではない人と比べるとデメリットが多くあるのが悩みです。

どのようなことがデメリットかというと、清潔感に欠ける、ニオイが発生しやすい環境、おしっこをするときまっすぐ飛ばない、男性として自信が持てないことなどがあります。

しかし、衛生面に関しては入浴したときにキレイにすれば問題はありませんし、男としての自信ついては機能的に問題が全然ないなら気にしなくて良いでしょう。

その反面、包茎の対処法については手術のみ!手術の前に自分自身でできることもあります。

高校生くらいの年齢になるとたくさんの性に関する情報を耳にするようになりますし、人に相談したくなるような問題ではないため悩んでしまう男子もいると思いますが、まず、自分自身でできることから対策してみましょう。

たとえば、お風呂のときには剥く、トイレに行くたびにきちんと剥くようにしていると徐々に対応できることもあります。

やっぱり、包茎には、仮性包茎、真性包茎、嵌頓包茎という3つの種類があります。

真性包茎の人は性生活に問題があったり、手術が必要になる可能性が高く、嵌頓包茎で症状が重い人は緊急の手術が必要になることもあります。

いつもは亀頭に包皮が被っているけれど勃起した時には亀頭が露出する仮性包茎なら正常なので手術の必要はありませんが、見た目や衛生上の理由で手術を検討する人が大勢いるとのことです。

それにもかかわらず、包茎を治す方法とは、通常は手術という方法です。

現代は、包茎を治すための包茎専門クリニックでの手術が話題になっています。

真性包茎だと、炎症を起こしやすくなりますし性生活にも支障があったりするので手術をしなければいけないということが多いです。

嵌頓包茎の場合には、緊急手術になることも少なくありません。

しかし、仮性包茎の人は手術をしなくても良いといわれています。

ですが、包茎は格好がよくないというイメージがあるので、仮性包茎を手術で治したい人が増えています。

だけれど、男の勃起については、心理的刺激によるものと物理的な刺激が原因になる場合の2つの種類があります。

性的な刺激があると大脳が興奮し、その興奮が脊髄から勃起中枢にその興奮が伝えられると、継ぎに、ペニスの先に伝えられます。

すると、サイクリックGMPというものが増加し、海綿体の筋肉が緩くなって、血管も拡張い大量の血液が流れ込み勃起が起こります。

これが勃起が起こるメカニズムの概要です。

ED(イーディー/勃起不全)とは、勃起機能が悪くなることで、性交渉をする時に勃起しなかったり、勃起をキープすることができずに、満足なセックスを行うことができない状態、性交できるチャンスがあっても75%以上は正常に性交することができない状態をEDと定義しています。

満足できる性交渉ができない状態とは、勃起に時間がかかりすぎてしまったり、勃起できても射精前に萎えてしまうなどです。
恥ずかしいと思うことはないです。

インポテンツとED
これに反して、インポテンツとED(勃起不全)の違いとはどのようなものなのでしょうか?

EDとは勃起した状態が持続できないという状態のことをいいます。

インポテンツは勃起がまるっきりできないというような症状のことをいいます。

つまり、インポテンツは性的に不能なことをいうのですが、本来男として備わっている能力がなくしてしまったことを表し、差別用語と推測されるので、インポテンツという言葉ではなく、EDという言葉を使うようになったそうです。

たいへん申し上げにくいのですが、EDを発症する原因は、年齢によるもの、ストレスや生活習慣、喫煙習慣、アルコール、男性ホルモンの分泌量の低下、うつ病を治療するための抗うつ薬の服用による性欲減少、心因的原因や生活習慣病、男性の膣不感症などです。

生活習慣病の患者さんが最近は増えてきているのですが、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を患ってしまうと、血管や神経の機能が正常ではなくなったり、血管に負担がかかったりして、ペニスの血流が悪くなってEDが生じます。

なにとぞ、ストレスが改善できなくなり、睡眠習慣も乱れてしまって、食生活も悪くなります。

そして、どんどん悪循環に陥ってしまうでしょう。

このような生活リズムの崩れは、EDになるきっかけとなります。

近頃は、肥満、高血圧症、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病によってEDを発症する人が増えています。

健康を維持するためだけでなく、EDを予防するためにもライフスタイルを見直してください。

万一、もしEDになったらどうしたらいいのでしょうか?

生活習慣が悪いとEDだけでなく、EDで悩んでいるときは、専門の病院へ行くという方法もあります。

専門医に相談する時期としては、女性が不満を抱いたときが良いと思います。

受診する科は普通は泌尿器科ですが、EDを引き起こしている原因によっては、その原因についての治療も必要です。

それから、EDを治療するための薬は専門の医療機関で、処方してもらえます。

病院で処方してもらえるEDの薬としては、シアリスなどがあり、どの治療薬も効き目が良くて指示通り飲めば重い副作用もないそうです。

ED治療薬を服用できない人もいるので、受診したら病歴や飲んでいる薬等について医師にきちんと伝えましょう。

近頃は、医薬品ではなくてED改善効果を謳うサプリメントなどもいろいろ販売されています。

なぜかといえば、EDになってしまった男性は1人で悩んでいることが多くて、パートナーも男性のプライドを守らなければいけないと思い、多くが気づかない振りをしています。

ですが、この状態が続いても問題が解決することはないでしょう。

EDは適切な治療を受けることによって改善する人が多いです。

女性も男性と一緒にEDの治療を受けるという方法を考えてみると良いのではないでしょうか。

EDの治療は、パートナーと一緒に受けるのが理想的なのです。

そうだとすれば、普通は泌尿器科で診てもらえますが、近頃はED治療専門の医療機関もできています。

病院では受付を済ませて、問診表を書いて医師の問診を受けますが、触診は殆どされないでしょう。

医師が必要だと判断すると血圧、脈拍、血液、心電図、尿などの検査が行われEDの治療薬を飲めるかどうかを調べEDを改善するためのお薬を処方してもらいましょう。

EDの治療は保険証が使えないため、自己負担で診療費は支払います。

よく聞く、EDであることをパートナーに告白するべき?殆どの女性は男性が思うより優しい人が多いですし、EDを責めてくる女性は多くないと思います。

栄養を考えた食事を作ってくれたり、今までよりももっと色々な悩みを聞いてくれるようになるのではないでしょうか?ただ、EDの治療薬について心配だという女性はたくさんいます。

なるべく、カップルで受診すると良いのですが、困難だという場合は、男性がEDの薬の効果は女性に悪い影響を与えないということを説明したり、EDを改善する意思があるということをきちんと説明すれば女性は安心します。