夫婦の満足度を上げるのは、ぱっぱりアレが肝心!

 このページでは、「夫婦の満足度を上げるのは、やっぱりアレが肝心!」について、サイト管理者の正敏が情報発信しています。
言いたい事は、はっきり伝える方が夫婦円満につながるんだと分かりました
セックスレス大国日本、3組に1組が離婚などと言われていますが、夫婦円満で過ごしていますか?

好きで結婚したものの、毎日一緒に生活し始めたらなんだかズレが生じてきた・・・なんてこと感じていませんか?

20歳~49歳の子どもがいる既婚者男女896名に、夫婦関係の満足度に関して調査しましたが、あなたはパートナーにどう接していますか?

パートナーに直して欲しいところや、嫌だと思ったことは言葉にして伝えていますか?

【大変満足している】
1位 「はっきり伝える」
2位 「態度に出す」
3位 「そんなことは言えない」

【まあ満足】
1位 「はっきり伝える」
2位 「態度に出す」
3位 「諦めている」

【どちらとも言えない】
1位 「諦めている」
2位 「はっきり伝える」
3位 「態度に出す」

【不満】
1位 「諦めている」
2位 「はっきり伝える」
3位 「言わない」

夫婦関係に多かれ少なかれ満足している人たちは、はっきり伝えるが1位になりました。

夫婦関係がビミョーな人たちは、諦めているが1位に。

直して欲しいとこや嫌なことだったとしても、やはり夫婦には会話が必要ということですね。

その会話をしてこなかった人たちは、もう伝えることもせず、諦めてしまうのでしょう。

ちなみにこんな形でも夫婦円満が垣間見れました。

家計管理は、夫婦のどちらが行っていますか?

【大変満足している】
1位 妻(46.8%)
2位 お互いで協力している(27.4%)
3位 夫(25.8%)

【まあ満足】
1位 妻(57.5%)
2位 夫(21.4%)
3位 お互いで協力している(20.5%)

【どちらとも言えない】
1位 妻(58.2%)
2位 夫(26.7%)
3位 お互いで協力している(15.2%)

【不満】
1位 妻(61%)
2位 夫(20.3%)
3位 お互いで協力している(15.3%)

注目するべきは、夫婦の関係が良好な人は、お互いで協力しているの数値が高く、関係が悪化している人ほど数値が低くなるところ。

これって、お金について話し合いの場が設けられたり、喧嘩にならず相談ができるからこそ、お互いで協力できるものですよね。

そしてちょっと面白いのが、夫婦でお揃いのものは持っているかを聞きました。

【大変満足している】
持ってる:67.7%
持っていない:32.3%

【まあ満足】
持ってる:57.3%
持っていない:42.7%

【どちらとも言えない】
持ってる:33.3%
持っていない:66.7%

【不満】
持ってる:20.3%
持っていない:79.7%

関係が良好である夫婦はおソロのものを持っていて、悪化夫婦は持っていない結果になっています。

当たり前なのかもしれませんが、仲が良ければ同じものを持っても幸せだと感じ、仲が悪ければ、おソロのものなんて気持ち悪いと思うかもしれませんね。

この調査で、夫婦関係が円満な人たちは、きちんと不満を伝え、家計を協力してする姿勢が見て取れました。

言いたいことを諦めるのではなく、言えずに溜め込んでしまうタイプなので、ある時、爆発をします。

でも、この調査で、はっきり言う方が夫婦円満につながるんだとわかったので、これからは小出しにしていきたいと思います(笑)。

これだけは勘弁して欲しい、男にとって一番ツライ罰
浮気をされたときは、どんなに謝られても許せませんよね。

罰のひとつでも与えないと、気持ちが収まらなさそうです。

どうせなら、よりダメージが大きい罰を受けてほしいものです。

では、男性が考える一番ツライ罰を男性へ直接聞いてみました。

スマホチェックは、一番簡単な罰ですよね。

男性にはツライことかもしれませんが、浮気を繰り返されないためにも、譲れないポイントと言えそうです。

スマホチェックよりもツラそうなのが、親や会社に浮気したことをバラす、という罰。

社会的な制裁を確実に与えられるので、浮気された側の気持ちも収まりそうですね。

親や会社に浮気がバレるのもツラそうですが、友だちなどの前で謝罪するのもツラそうな罰ですね。

みんなの前で懺悔させられるのは、世間体を気にする男性には耐えられなさそうです。

浮気された側の気持ちをわからせるために、浮気をやり返すという罰も男性からするとキツイようです。

でも、浮気された立場としては、どれくらいショックだったかを思い知ってほしいですよね。

金銭的にも精神的にもダメージが大きそうなのが、慰謝料を請求されるという罰。

一般的には離婚のときに払うイメージがありますが、浮気の罰としてもアリかもしれませんね。

さまざまな罰の中でも一番ツライのが、関係が終わるということのようです。

浮気をした側は出来心かもしれませんが、された側にとっては一大事。

相手を信用できなくなるので、関係を続けるのは難しいですよね。

疲れている彼を癒す、ちょっとエッチなアイディア
女性の前で疲れを顔に出さないように気を遣っている男性は、結構います。

しかし、そんな男性も、肩を触ると、筋がパンパンに固まっているなんてこと、よくあります。

でもまあ、男女問わず働いている以上は当たり前なんですよね。

毎日毎日、働き詰めで、たまの休みだけではやっぱり、体の疲弊は取れません。

そこで、日々の仕事で疲れきっている男性を癒す手段を、ちょっぴりエッチな観点から書いてみます。

癒してあげたい、色んな意味で気持ち良くなってほしい。

そう考える方には、是非とも参考にしていただければと思います。

男性が喜ぶ癒しの種類って、結局のところ二極化しているものです。

経験豊富なおっさんの整体師にがっつりほぐしてもらうか、可愛い女性から色んなサービスを受けつつ、軽く体のメンテナンスをしてもらうか。この2つです。

彼女がしてあげられるのは、このうち後者にあたりますね。

たとえば耳かきは、自分でやるよりも誰かにしてもらう方が嬉しいところです。

彼女に耳かきをしてもらうのは、中でも一番喜ばしいシチュエーション。

特に、生足に彼氏の頭を乗せて行う耳かきというのは、かなりの癒し効果を与えます。

耳も気持ち良いし、彼女の足をなでることもできるわけなので、カレにとっては最高の癒し体験です。

マッサージ用のオイルを使って、全身をほぐしてあげるという方法もかなりの癒しを与えることになります。

性質上、彼氏を裸にさせるものですし、その時点で相手もドキドキすることでしょう。

その上で、主に背中や肩、腰などのコリが際立つ部位を優しくほぐしてあげれば、きっとカレもご満悦になるはず。

一通りほぐし終わったら、そのままエッチになだれ込んでも悪くないですね。

色んな意味で彼氏が癒され、スッキリすることは間違いありません。

男性によっては、前述のオイルマッサージに抵抗を覚えることもあります。

なんだかんだ潔癖な男性って、洗い流しにくいオイルを嫌がる場合があるんですよね。

しかしご安心。こういう場合は代替案として、ベビーパウダーが有効です。

粉ですし、肌にもなじみやすく、しかも洗い落とすのも簡単なので、これなら潔癖症でも問題ないはず。

しかもベビーパウダーをまぶした体をマッサージする際には、普通にマッサージするよりも肌の摩擦が軽減され、する側も手が疲れにくいというメリットを得ることができます。

この場合も、仕上げにカレの敏感な部分を、パウダーをまぶして攻めてあげれば、きっと喜んでくれるはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です