このページでは、「ペニス増大サプリ」について、サイト管理者の正敏が情報発信しています。
一番注意しないといけない事
サプリメントの成分比較する際、一番注意しないといけない事は、「1日に何mgの有効成分を摂取できるサプリメントなのか?」だと思います。

決して、「1日に摂取するサプリメントのmg数の事ではありません」。

1錠350mg×4錠/1日当りだから・・・1,400mg/1日!

これ大間違いです(汗)。

これはサプリメントの摂取量であって、有効成分の摂取量ではありません。

ゼクシリンは1日4錠あたりに、公表値で800mg(実際はもっと多い)のL-シトルリンが摂取できます。

他のサプリメントと比較しますと・・・
他のサプリメントと比較しますと、錠剤の摂取量が350mg/1日とか、600mg/1日とか非常に少ない摂取量です。

しかもこれはL-シトルリンの摂取量ではなく、錠剤の摂取量です。

比較的価格の安いサプリ(6000円未満のサプリ)にこういった傾向が見受けられます。

ゼクシリンは1日あたり錠剤で1740mg、L-シトルリンは800mg摂取出来ます。

結局は安物のペ〇ス増大サプリと比較しますと、ゼクシリンの見た目の価格は高く感じますが、錠剤の大きさやL-シトルリンの含有量などから見ますと決して高価なサプリではないと言う事が言えると思いますよ。

ご自身で確認してみて下さい。

実際に比較してみて下さい
実際に他の同類サプリと「1錠のmg数」、「1日あたりのサプリの摂取mg数」、「L-シトルリンの1日あたりの摂取量」、「有効と思われる成分数」等々を比較してみて下さい。

決して、ゼクシリンは高価なサプリではなく、価格相応のサプリメントと言う事もよく分かりますよ。

ちなみに、ゼクシリンはL-シトルリン、アルギニン、アスパラギン酸、オルニチン、VA、VD3、VE、VB1、VB2、VB6、VB12、ナイアシン、パントテン酸Ca、葉酸、VC、黒胡椒抽出物、ヒハツ、黒生姜、雪蓮花、ノコギリヤシ、ボスウェリア、キャッツクロー、トンカットアリ、大棗、ニーム葉、蜂の子、朝鮮人参、冬虫夏草菌糸体、カキ、田七人参、ウコン、ガジュツ、ブドウ、クロム酵母、羅漢果、イチョウ葉、馬の睾丸、ローヤルゼリー、バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、トリプトファン、ヒスチジン、マカ、すっぽん、赤マムシ、オタネニンジン、亜鉛酵母、サソリ、蟻、ニンニク、ウミヘビ、パフィア、ガラナ、馬の心臓、フィッシュコラーゲン、プエラリアミフィカ、アメリカ人参、レッドクローバー、エゾウコギ、生姜、パインバーグ、ブドウ種子、プラセンタ、鮭鼻軟骨抽出物、ピロリン酸第二鉄、ヒアルロン酸で構成されています。

圧倒的な成分数のサプリだと思います
ゼファルリンもL-シトルリンをはじめ、L-アスパラギン、L-アルギニン、L-イソロイシン、L-オルニチン塩酸塩、L-トリプトファン、L-バリン、L-リジン塩酸塩、L-ロイシン、MSM(メチルスルフォニルメタン)、亜鉛含有酵母、アムラ、イチョウ葉エキス末、ウコン、エゾウコギ、ガジュツ(紫ウコン)、ガラナエキス末、還元麦芽糖水飴、キャッツクロー、黒胡椒抽出物、クロム酵母、さけ白子抽出物、シェラック、スーマ(パフィア)エキス末、すっぽん末、ステアリン酸Ca、ゼラチン、セルロース、ソフォン(赤ガウクルア)、大棗(たいそう)抽出物、田七人参、デキストリン、トンカットアリエキス末、ニーム葉エキス末、ノコギリヤシ(ソーパルメット)種子エキス末、蜂の子末、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE、ヒハツエキス末、豚睾丸エキス末、ブドウ種子、ブトウレスベラトロール、冬虫夏草、ブラックカラント、ボスウェリア、マカエキス末、マムシ、ムクナ、雪蓮花エキス末、ローヤルゼリー、ワイルドヤム、牡蠣エキス、高麗人参(朝鮮人参)エキス末、羅漢果(ラカンカ)、で構成されています。

ゼクシリン、ゼファルリン、どちらも共に圧倒的な成分数のサプリだと思います。