このページでは、「妻に不倫される男の特徴って実はあるのです」について、サイト管理者の正敏が情報発信しています。
真面目すぎてつまらない
真面目でつまらない男性が不倫されるケースが多いと思う。

真面目でおもしろみがない。

結婚前は真面目な男性が一番と言っていても、実際に結婚生活を送るうえで真面目なだけが取り得な男は正直つまらないと感じる女性はいます。

家庭で刺激が得られない分、不倫にそれを求めてしまうのでしょうね。

妻を女扱いしない
妻に対して、女扱いをしていない。

妻の努力を褒めたりしない、当たり前だと思っている。

妻を女として見ない。

仕事ばかりして家にほとんど寝にしか帰らない。

恋人同士のときにはきちんと女性として見ていたのに、妻になった瞬間にまるで女でなくなったかのような扱い。

キレイでいるための努力をしても気づいてもくれない夫に愛想をつかして不倫に走る人もいそうですね。

甲斐性がない
甲斐性がない。

ナヨナヨしすぎで頼りない感じ。

男性に求めるのは頼りがい。

一家の大黒柱としての力強さ、男らしさがあれば夫を男として見られそうですが、それがなければ別の男性に魅力を感じてしまうかも。

やさしいのはいいけれど頼りないのは嫌ですよね。

思いやりがない
パートナーに思いやりや気遣いがない人。

相手を尊重しないなど、大事にしない。

妻という存在を下に見るかのように自分の意見だけを押し通そうとしたり、妻への気遣いがなかったり。

一緒にいるだけで疲れてしまいそうな夫だと妻も不倫相手に癒やしを求めてしまうのかもしれませんね。

家庭を顧みない
家庭を振り返らずに仕事ばかりしている男性。

妻のちょっとした変化に気づかない男性。

仕事や趣味ばかりに没頭して家庭を顧みない人。

家族のために一生懸命働いてくれているのは有り難いと思っているとしても、家族のことをほったらかしで仕事に没頭する夫では何のために結婚したのだろうと思ってしまいそう。

家庭と仕事をうまく両立させる余裕がないと妻に不倫されてしまうのかもしれませんね。

自分磨きをしない
自分磨きを忘れている人。

見た目がおっさんになりすぎて、磨く努力をしなかった人。

女性と同じく男性も自分磨きをすることが大事。

外見はもちろん内面的にも自分を高める努力を怠ってしまうと妻に飽きられてしまって、ほかの魅力的な男性に心を動かされてしまうかもしれませんよね。

逆に、男がどんなときに不倫してしまいたいと思うのか・・・

妻がイライラしているとき
妻がイライラして八つ当たりを繰り返したとき。

あまりに毎日カリカリして怒りっぽいときなどは外に出たくなる。

妻がイライラしていたり、毎日カリカリしているときに、不倫してしまいたいと思う人は多いよう。

妻からの愛情を感じられなくなると、ほかの女性に求めてしまうのかもしれません。

魅力的な女性といい感じになったとき
かわいい女の子といい感じになり、やさしく話を聞いてもらったとき。

魅力的な女性に言い寄られたとき。

すべてを捨てて一時の快楽に走りたくなってしまう。

魅力的な女性に言い寄られたときにそう思う、という人も。

すべてを捨てて快楽に走るか、家族のことを考えて思いとどまるかで、その後の未来が大きく変わってしまいそうですね。

かまってくれなくなったとき
相手にされず、大事にされなくなったとき。

子供が生まれて、あまりかまってくれなくなったと感じたとき。

妻に相手にされず、寂しさを感じたときに不倫したくなる、という人もいるようですね。

不倫は、寂しさに負けたというケースが多いので、普段からコミュニケーションを取ることが大事なようです。

お酒を飲んでいるとき
お酒を飲んでいるときに若い子から言い寄られたとき。

酔っぱらったときは気が大きくなるからしてしまいそうになる。

お酒を飲んで酔っぱらっているときは、気持ちが大きくなって勢いに任せたくなることもあるようです。

酔っているときは理性で抑えられないことが多いので、不倫がはじまるきっかけになる可能性が高そうですね。

大ゲンカをしたとき
小さなことで大ゲンカしたとき。もうどーでもよくなる。

まったく口をきいてくれなく、夫婦ゲンカをしているとき。

妻と小さなことで大ゲンカして、口をきいてくれないとなると、家に帰っても居心地が悪そうです。

そんなときに、不倫という2文字が浮かんでしまうよう。

ケンカしてもすぐに仲直りしたほうがよさそうですね。

夜の営みがないとき
夜の相手をされないとき。さみしくなる。

夜の営みなどのスキンシップがまったくないとき。

夜の営みがないとき、という男性もいました。

妻が疲れているときに断られると、次から誘いにくいのかもしれません。

夫婦の愛情を確認し合うためには、スキンシップは欠かせないものと言えそうです。

夜の営みがないとき
夜の相手をされないとき。さみしくなる。

夜の営みなどのスキンシップがまったくないとき。

夜の営みがないとき、という男性もいました。

妻が疲れているときに断られると、次から誘いにくいのかもしれません。

夫婦の愛情を確認し合うためには、スキンシップは欠かせないものと言えそうです。

さぁ、不倫をした人に与えたい罰ってありますか!?

社会的制裁を受ける
社会的な制裁を与えることが一番いい。

社会的な制裁をひとつでも受けてほしい。

お互い社会人として働いているなら、社会的制裁を受けることが、一番の罰になるかもしれません。

仕事を失ってしまっては、不倫どころではありませんよね。

同じ目に遭う
不倫をした人には、不倫されるという経験が一番フェアだと思う。

自分が結婚したときに、相手に不倫をされる。

自分でつらい目に遭うことが一番の罰だと思うから。

自分が結婚したときに、同じ目に遭うという罰を考える人もいるようです。

二度と不倫をしようと思わなくなるでしょう。

罰金を支払う
一番簡単だけど、国のためにはなりそうだから。

不倫を法律化してしまい、バレたときは罰金を支払えばいいという人も。

どの程度、徴収されるかによっては、効果がありそうですね。

まわりからの信頼を失う
まわりからの信頼がなくなること。

まわりの誰からも信頼されなくなってしまう。

まわりからの信頼を失うことを、罰とするのもいいかもしれません。

孤独になるのは誰だってつらいものです。

慰謝料を支払う
莫大な慰謝料を支払う。

人生をかけてお金を払わなければならなければ、誰も不倫なんてしなくなるだろうから。

奥さんに訴えられて、多額の慰謝料。

慰謝料も、不倫をした際の罰のひとつ。

夫と愛人の両方に請求することができますよね。

一生独身のまま
一生、独り身の罰がいいと思います。

一生パートナーができない罰。

ひとりに選べなかったり、人のものに手を出したので、その後一生独り身で寂しく過ごしてほしい。

できれば一生結婚できないような罰を与えてほしいと思う人も。

既婚者に手を出した罰は、それほど重いということかもしれませんね。